日の丸写真館

ブログトップ

<   2011年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

てんつくまん☆講演会

僕のメンターの一人で尊敬してやまない「てんつくまん」の講演会があります!!
ミキプルーンの主催で会場は下館です。

c0066488_17202691.jpg


超激安価格ですのでチャンスです!!
また席がだいぶ余っていますので、
興味のある方ぜひ!!



10月28日(金)

10:00〜13:00


会費 ¥1500



会場
茨城県県西学習センター
多目的ホール
0296-24-1151


主催
ミキさくらグループ

問合せ・申込み
辻本久美子(つじもとくみこ)
080-5051-8248


「10/28のてんつくまん講演会について・・・」
とお電話ください。


たろう
[PR]
by hinomaru-studio | 2011-10-25 17:23 | セミナー

中学校進路講演会@群馬県

10/21 群馬県の公立中学校の進路講演会での講演を依頼されました。

講演タイトルは「夢の叶え方」

なんと全校生徒父兄先生方全部合わせると
600人弱もいる非常に大きな講演会です。

中学生に講演するのも初めてでしたし、
体育館でするのもこの大人数の前でするのも初めてでした。

c0066488_1715899.jpg


ですが同時に夢でもありました。

3年半前に作った宝地図に
『中学校立志式で講演、タイトル「夢の叶え方」』
と書いてあります。
そこには5年後と書いてあったので1年半早く夢の実現でした。

相手が中学生だろうが600人だろうが、自信がありました。
いつものようにやるだけ、いつものようにやれば大丈夫。。。


そう思って始めてすぐに驚愕の事態が。


中学生諸君、
ものすごい勢いで寝始めました!!!!

zzzzzzzz



こんな勢いで寝られたのは初めてで、超動揺しました。

セミナーやった事ある方なら分かると思うんですが、
講師の方からは全部見えるんですよね。


全身から汗がダクダク出て喉はカラカラになり
語調に勢いや熱さがなくなっていくのが分かりました。
汗・汗・汗!!


中学生、わからん、どうすればいいんだろう!?


中盤以降、話や語調や内容を色々変えていきながら、
中学生たちの顔つきや反応を見て探りながら
ヒットするポイントをつかんでいきました。

c0066488_1721891.jpg


そして後半はみんなムクムク起きて
ガッツリ話を聞いてくれました!


そして講演すべて終了後、
驚きの光景が。


実に多くの生徒たちが
感動して泣いていました。
PTAの方々も。



僕はこれまでの講演でこんな苦しんだ事はなかったけど、
その反動でこんなに感動した事もなかったです。


c0066488_172343.jpg



よかった~、
その一言につきます。。。

講演終了後、校長先生やPTA役員の方々とお話をしました。
長年この学校にいるベテラン先生がこんなことを言ってくれました。

「私何十年も進路講演会見てきたけど今までこんな講演会見た事ない!
今までで最高でしたよ!!」

そのお言葉、本当に嬉しかったです。
染みました・・・


そして学校を後にする時、
校内を歩いていると僕は感動の光景を目にしました。


校内の生徒たちが!
下校中の生徒が!
先生と話す生徒が!
いたる所で!!


「必然の法則」や「ちょろいの法則」の話に
盛り上がっていました!!
中には「先生、私帰ったら宝地図作る!!」
という声も!!



学校中が成功法則であふれていました!!


ヤバい!!
この学校の生徒たちヤバいよ!!

僕が33歳で学んだ事を中学生でもう知ってしまっています。
僕はこの学校から世界を変える若者が出る確かなイメージがわきました。


大人が輝けば子供達が変わる、
子供達が変われば未来が変わる、

大好きなてっぺん大嶋啓介さんの言葉です。


やってよかった・・・
講演やってよかった・・・

じみじみ思いました。


本当に最高の講演会でした。
僕の夢を叶えてくれた中学校の関係者のみなさん、
本当にありがとうございました!!




【追伸】

家に帰ってPCを開くと、
こんなコメントが書き込まれていました。
感動して泣きそうになりました。


「はじめまして、
とはいっても、今日講演を聞いていた生徒です。
どうしても気持ちを伝えたいと思い、コメントさせて頂きました。

普段講演なんてつまらなくて、
あくびばっかりしている私が、すごく話しに引き込まれました。

私の父も何年か前に「引き寄せの法則」について私に話しました。
その時は何を言っているのだろうと思いましたが
今日この話を聞いて
これが言いたかったのか!と思いました。

ビジネスの話から始まったので、難しいのかなと思っていたのが
自分を変えていけるのは自分の考え方なんだなと感じることが出来ました。

最後のムービーをみてとても泣いてしまいました。
私の親友の母親が数ヶ月前になくなりました。
私にとって人生で初めての知人の死でした。

なのであのムービーをみて、とてもいろんなことを考え、
そして決断するときなのかな、と思いました。

「死」というのはとても悲しいものです。
しかし外国人の話にもあったように必ず来ることだと思って
受け入れていけたらな、と思います。
そして夢を叶え、天堤さんのように、
後から理由をたくさん付けられるような人になりたいと思いました。

私のまわりでも多くの人が泣いていて、多くの人が感動した、良かったと言っていました。
天堤さんには人の心を動かす、何かがあるんだな、そんな風に思いました。

今日の講演、そして天堤さんに出会えたことも必然だと思います。
そして「世界を変える」と決意し活動している天堤さんを見習い
私も決断し動き出そうと思いました。
そしてひとりでも多くの人に
今回の話を聞いてほしいと思いました。


最後に…
このブログを読んで親友の方が亡くなられたと知りました。
ご冥福をお祈りいたします。

そしてそんな中でも私達に講演を行なってくれて
本当に本当にありがとうございました。
私も後悔しないように、
たくさんのことにチャレンジしていきたいと思います。」


すごくないですか!?
これ中学生のコメントですよ!?
僕中学生の時には絶対にこんな事考えられなかったです!!
この生徒は絶対すごい人物になると思います!!

この場を借りてお礼を言います!
本当にありがとう!!
君はすごい大人になるぞ!!

たろう
[PR]
by hinomaru-studio | 2011-10-22 18:31 | セミナー

お詫び

親友水やんが亡くなった事でタビロックの出版の事を記事にさせていただいたところ、
あまりに反響が多く、
多くの応援メッセージや励ましのお言葉と,
同時に多くのお叱りやご忠告を頂きました。

辛辣なメッセージもたくさんあり、
昨夜から完全に2チャンネル化してしまいました。

まだ遺体が日本に帰ってくる前から
出版も何も決まってない事を記事にするには不謹慎で
反省すべき行いでした。

気分を害された方や嫌な想いをされた方にお詫び申し上げます。
すみませんでした。


故人の葬儀や供養が最優先ですので
今後は葬儀の情報などを告知していきます。

出版に関しては現在まだ何も決まってない状態です。
何か決まった時に必ずお知らせ致します。
ぜひその時にまた皆さんで力を合わせましょう。


たくさん応援メッセージや暖かいコメント頂いた皆さんのお気持ち、
確かに受け止め必ずみなさんの力になりたいと思います。

本当にたくさんの応援メッセージありがとうございました。

たろう
[PR]
by hinomaru-studio | 2011-10-13 12:18 | ダイアリー

親友の死

親友の水沼ひでお、通称「水やん」が亡くなりました。
奥さんのあっちゃんも一緒です。
水やんは一昨日の夜、あっちゃんはその二日前に、
南米ボリビアのラパスで亡くなりました。


水やんは2010年2月から夫婦で世界一周の旅に出ていました。
水やん夫婦の送別会をやった次の日に俊次朗が生まれたのでよく覚えています。
c0066488_19513718.jpg



僕らの歳で仕事を辞めて夫婦で世界一周旅行に出るっていうのはなかなか出来る決断じゃありません。

20代でやるのとは決断の重さが違うと思います。


夫婦で二人の夢のために、
その決断をし旅立っていきました。


二人は「タビロック」というブログを立ち上げ、
旅の様子や世界中の生の情報を日々アップしてくれていました。

FBも始めて、どんな時でも二人の情報がインターネット上で分かり、
コメントを通じてやり取りが出来ていたので、
世界中どこにいてもすぐそばにいるようでした。
c0066488_2031886.jpg


正直「かっこいいなーー!!」って思っていました。

水やんの口癖は
「太朗、俺たち今でも青春まっただ中だよね!!」

夢や情熱を失った時に人は老いるもの、
僕も水やんから夢と情熱をもらい、
どれだけ刺激になりどれだけ勇気をもらったでしょうか。


俺もやってやる!!

いつもそんな気持ちをもらっていました。

僕たち仲間はすごく珍しい仲間で、
高校時代からずーーっとつるんでいます。
c0066488_2081660.jpg


だいたい大学に行くとそこで友達が出来て
社会人になったらそこで仲間が出来て
大人になったら大人になってからの付き合いや知り合いが出来てゆくものだと思うんですが
僕たちはどの時代もずーっと同じ仲間でつるんでいました。
c0066488_2095178.jpg



すみません今ボロボロ泣きながら書いてます


高校時代は毎日一緒にいましたが、
当然大学いったり社会人になってからは
会う頻度や集まる頻度は減りましたが、
それでもやっぱり帰る所があるように、この仲間で集まる時が楽しかった。

c0066488_20155470.jpg

それは馬鹿な話や昔話に花が咲く事もあるけど、
なにより夢や想いを本気で話せる仲間だったからだと思う。
俺はこれがしたい、
これをやってみたい、
そんな挑戦や夢をみんなで応援してたし、
それが刺激になってまた誰かが新しい挑戦をしてた。

もちろんそれが仕事の夢の仲間もいるが
水やんの夢と挑戦はこの世界一周の旅だった。

旅を続けていく中でどんどん色んな経験をして
世界中の色んなものを見て聞いて触れて体験して、
どんどんたくましく成長していく水やん夫婦の姿がそこにあった。


同時に、帰ってきたらこれを一緒にやりたいとかあれこれを始めて見たいとか、
色んな事考えてワクワクしてた。

まぁ帰ってきたら話そう、
と思ってみずやんには話してなかった。

当初1年間の旅の予定がどんどん長引き、
いつになっても帰ってこない。

昨日仲間が教えてくれたけど、
「今帰ったら絶対に後悔する。まだ行ってない所ややってない事があって、今帰ったらまた戻りたくなるから納得するまで全部やって、全部終わったら帰る」
そう言ってたらしい。

c0066488_20273567.jpg


そしてそれが全部終わり
今月10/20に帰国する予定だった。


ところが僕らのところに入ってきたのは
「妻のあっちゃんが亡くなりました。ひでお君も危篤状態」
という情報。
その二日後水やんも亡くなった。
一昨日の夜でした。

二人の最後の写真
c0066488_20291772.jpg

エチオピアでの写真です。


アフリカでマラリアに感染し、南米のボリビア、ラパスで発症。
高度3500mのラパスでは高山病になる旅行者が多く、
二人も高山病だと思っていました。

FBにあるあっちゃん最後の書き込みです。
亡くなる前日でした。

「ラパス1泊の予定が、今日で7泊目デス。。熱が40℃をいったりきたりで全然さがんないの(T_T) 息も苦しいし、病院の薬はなかなか効かニャイし。吐き気どめ飲んでも、全部もどしちゃうから、4日くらいおなかカラッポな感じだし、体力もなくなってるのか、足もフラフラでホテルのトイレに行くのも大仕事。。外になんて出れなくなってしまいました( ;´Д`) ひーくんのほうがちょっと回復したり、でも悪化したり。看病する人がいないってのも、つらいねェ(>_<)

みんな、高山病とかこんなに大変だったのぅぅ!?!?
うちらもう耐えられませんっッ(T_T)
ごめんね、ぐちでした。」

あっちゃんはホテルのトイレで亡くなりました。


つらかったんだね、
何も助けてあげられなくて本当に切ない。

水やんは病院に搬送されベットでなくなりました。


本当に仲のいい夫婦で、
付き合っている時からも「ケンカした事ないよ〜」という二人でした。

すごく不謹慎な言い方かもしれないけど、
どっちか片方残ったらそれは生き地獄だったと思う。
あれだけ仲のいい二人だったからきっと天国でも仲良く旅の続きを楽しんでいるだろう。

きっとそうだと思う。


そして今日タビロックのブログを見てみた。
世界中からものすごい数のコメントが。
ツイッターでもFBでもすごいコメントが来てる。

いつも「ブログランキングで1位をとりたい」と言っていた水やん、
50万アクセスを突破し今日1位になった。

最後の最後で夢を全部叶えた。

そして俺は知りました。
こんなに多くの人たちから愛され
こんなに多くの人たちに夢と希望と元気を与えていたんだって。

コメント全部読んだけど本当にすごい。

果たして自分が今死んだらこんなに多くの人が自分の死を悲しむだろうか、
こんなに多くの人に感謝されるだろうか、
こんなに多くのファンがいるだろうか、


水やんすげぇ!!



ホントにかっこいいよ。

水やんマジでかっこいい人生だった!
って俺は自信を持って言える。
そしてこんな仲間がいた事を心底誇りに思う。
c0066488_20534237.jpg




旅立つ前、僕が撮った二人の最後の写真
c0066488_20445746.jpg

本当に最高の夫婦だった。

どうか天国で二人、
旅の続きを楽しんでください。


俺は俺にできることを、本気でやって生きていきます。

c0066488_2053666.jpg


葬儀、供養が終わった後、
この二人のタビロックを本にして出版します。

もちろん収益は全部遺族に寄贈します。


この二人の生きた証を残してみせます。
俺挑戦してみるよ


最高に輝いていた人生だったよ、水やん。

短い人生だったかもしれないけど、
最高に輝いてた!!

今までありがとう。
たくさんの感動と勇気をありがとう!!

俺も挑戦する人生を選択します!!
どうか安らかに。。。


「誰かのために力になれるよ」

「タビロック」



追伸
水やんとあっちゃんの遺体が後日日本に帰ってきます。
遺体の状態でお葬式は出来ない場合もありますが、
お別れ式は必ずやります。
これを見た水やんを知る人、
ぜひ最後のお別れにきてあげてください。
日にちは追ってこのブログで告知します。


たろう
[PR]
by hinomaru-studio | 2011-10-10 20:21 | ダイアリー

ディズニーランド☆家族の休日

10/5,6 連休を取ってディズニーランドに行ってきました。

裕もずっと前から楽しみにしていたのですが・・・


その日は雨!!


ガーン!!


でも逆に空いてるよ、きっと、平日だし!!



と思いきや、
やっぱディズニーランドはすごい・・・

裕が初めて乗ったモンスターズインクも45分待ちでした・・・

甘かった僕ら。。。汗

c0066488_1142879.jpg


子供達も濡れるし寒いし、
長居せずに切り上げました。
結局乗ったアトラクションは二つ、
パレードは雨で中止(笑)


ホテルでゆっくり過ごしました
c0066488_116029.jpg


前回も今回もシェラトンに泊まったのですが、
シェラトンはなんといってもブッフェがうまい!!

大人も子供も大満足です。
もちろん僕は「生ビール飲み放題」
ぷは〜っ
うまかーー!!


裕は朝食でも超〜ご機嫌!!
c0066488_117247.jpg

ディズニーランドより喜んでいました!爆

ミッキー、アイスとデザートに負ける





翌日は快晴、
というかめっちゃ暑い・・・汗

葛西臨海公園に遊びに行きました
c0066488_118459.jpg


日本一の観覧車に乗って、
園内回るSLみたいな乗り物で海沿いを走って、
芝生にゴザしいてピクニックしました。
c0066488_11102727.jpg


これくらいの子供たちにはちょうどいいかも(笑)

帰りの車内では二人とも爆睡。
たくさん遊んでたくさん寝て、
なにより子供達のたくさんの笑顔が見れて、
本当に幸せでした。


今年初め、業界団体を全部辞めました。
今までたくさん出張してたくさん家を空けましたが、
今年はその分たくさん家族の時間を作りました。

いずれこの子達も大きくなったら親離れする時が来ると思います。
友達と遊ぶ方が楽しくなって、
部活やったりして、
家族で出掛ける事が少なくなる時が来ると思います。


そうなった時に
たくさん家族の思い出が心の中にあったら嬉しいです。


たくさんの笑顔と
たくさんの楽しかった思い出が。


少なくとも僕は両親にそうしてもらいました。

育ててくれた親に感謝!!

たろう
[PR]
by hinomaru-studio | 2011-10-07 11:21 | ダイアリー

家族の休日@井頭公園

10/3 今日は裕の運動会の振替休日だったので、みんなで井頭公園に遊びに行ってきました。

裕と俊は初めての釣りに挑戦!!
c0066488_9273838.jpg

最近ママが一眼レフカメラ使い始めたので撮影してくれました(笑)
c0066488_9281480.jpg

ママも挑戦
c0066488_9283023.jpg


ここはヘラブナの釣り堀です。
釣りに詳しい方は分かると思いますが、ヘラブナ釣りは結構難しい・・・汗

ですが最後の最後、ラスト一個のエサで釣れました!!

かかった直後裕に竿渡したので裕が釣り上げました。
嬉しかったようで
「もっとやる!!もっとやる!!」
餌がなかったので次回また来ようという事に。
ホント、最後に奇跡が起こりました。

c0066488_9314088.jpg

レンタルサイクルで園内をサイクリングするのも気持ちよかったです。
りょうちゃんに教わりましたが、森林浴したり木や土に触れると、体にたまった電磁波が抜けるらしいです。
木や土がアースの役割をしてくれるらしい。

仕事でパソコン漬けの僕にとっては最高というわけです。
ホント、森林浴気持ちよかった〜

たろう
[PR]
by hinomaru-studio | 2011-10-04 09:34 | ダイアリー

裕一朗☆運動会

10/1 裕一朗の幼稚園の運動会があり、
仕事を休んで準備や応援に行ってきました!!

「ちゃんと出来るかな〜」
そんな心配もありつつ・・・
我が子を見守ります
c0066488_9473397.jpg


緊張する裕とは正反対に俊は一緒にやりたくて、
勝手にガンガン混ざっていきました(笑)
やっぱ次男はすごい
c0066488_9475593.jpg


自分の予想を上回った時に人は「感動」します。

今日の裕の頑張りはまさに僕や家族の予想を上回り、
みんなに感動を与えてくれました。
c0066488_948175.jpg


実は・・・
この日の朝
「僕かけっこ一番になれないから行きたくないよ〜」
と裕は泣いていました。
ママが
「いいんだよ一番にならなくても。パパもママも裕の頑張る姿が見たいんだよ」
と泣きながら抱きしめてあげて勇気を与えてくれました。

僕ももらい泣きしそうになりました。

だからかけっこ頑張った裕を見て本当に感動しました。。。泣
c0066488_9483760.jpg


人が感動するのは
自分が苦手な事に挑戦し自分に負けずに頑張った姿
を見た時です。

人と競争し人に勝った時ではありません。


それを裕が教えてくれました。
親バカですね、でも本気で感動しました。

かけっこの後は吹っ切れたのか、
元気に楽しんでました。
c0066488_19501542.jpg

c0066488_19504991.jpg

c0066488_9494186.jpg


裕よく頑張ったね〜
たくさん褒めてあげようと思います!!

たろう
[PR]
by hinomaru-studio | 2011-10-01 19:52 | ダイアリー