日の丸写真館

ブログトップ

伊勢修養団

2/12〜13 伊勢神宮にある「伊勢修養団」という修業施設に一泊二日の研修修業に行ってきました。
105年前よりずっと続いている歴史と伝統ある日本最古の研修セミナーです。
c0066488_15194736.jpg

栃木からだと朝6時の新幹線です・汗


お昼に到着しました。
伊勢神宮初めてでしたが、ものすごい人だかり!!
c0066488_15211233.jpg

日本中から伊勢詣りに人が集まってきていました。

五十鈴川のほとりで昼食
c0066488_1530465.jpg


修養団の部屋。
c0066488_15302642.jpg

二段ベットx4の8人部屋です。


今まで経営セミナー、リーダー育成研修、自己啓発セミナー、成功哲学セミナー、色んなセミナーに行ってきましたが、どのどれにも類似しない唯一無二の研修でした。


「忘れ去られた日本人の美しい心を取り戻す」


礼に始まり礼に終わる日本人の美しい作法から始まり、心を磨く講話や研修内容が盛りだくさんでした。

夕食は精進料理かとお思いきや意外に普通においしい夕食
c0066488_15335290.jpg

ただし頂く前に天と地と自然の恵みに感謝し命を頂くお祈りをしていただきます。
もちろん海老のしっぽや刺身のつまに至るまで食べ残しは厳禁です。


初日の夜に、メインとなる「みそぎ」があります。

ふんどし一丁になって五十鈴川に入水し祈りを捧げ身を清める修業です。
c0066488_15361198.jpg

五十鈴川(いすずがわ)の語源は「命をすすぐ川」らしいです。

前日雪が積もり、川のほとりに雪が残りまさに雪溶け水、素敵に冷たいです。

いざ出陣
c0066488_1542545.jpg

プライバシー保護のためぼかしておきます。


ジェームススキナーの成功の9ステップの「火渡り」もそうですが、一見「絶対に無理!」と思う事でも正しいやり方(成功レシピ)を達人から教わりそのまま実践すると人間出来ない事はないものです。
状態管理で心身ともに万全の状態を作り、声の掛け方や気合いの入れ方を教わった通りにすれば全員出来るものです。
今まで105年間、これで亡くなった人は一人もいないのが何よりの証明でしょう。


しかし本当に神秘的な体験でした。
最初に訪れるのは「寒い!」
そのうち「痛い!!」
しかしそれも我慢しているとちょっとしたトランス状態に入りました。
無の境地でしょうか。
五十鈴川から上がった瞬間、身が清まった神秘的なあの感覚、まさに神聖そのものでした。

二日目、5:30に起床し伊勢神宮の特別参拝。
c0066488_15494216.jpg

伊勢神宮の日の出は本当に美しかったです。

天皇皇太子殿下以外はこれより先には行けない、という領域まで特別に入っていってお参りをします。
その為に前夜にみそぎをして身を清めるという訳です。
c0066488_15511581.jpg

全員スーツで正装し、ひざまずいてのご祈祷、本当に身の引き締まる空気の中、神々しい時間でした。

二日目の午前中は山中隆雄先生による講話。
今の日本に欠けているもの、忘れ去られた日本の美しい心について、本当に感動の講話でした。


二日間はあっという間でした。
この素晴らしい経験はみんなにも経験していただきたいです。
本当に心が磨かれる修業でした。

帰りに名物「伊勢うどん」を食べました。
c0066488_1620272.jpg

お土産を買おうと先ほど講和していただいた山中先生のお店に行くと、なんとそこに山中先生がお友達といるではありませんか!!
c0066488_16204820.jpg

講話のお礼を言ってご挨拶すると
「一緒にお茶しましょう」と!!

うっそーーマジですかーーー!?

最高です!!
よくあるんですよね、こういうの。
西田文郎先生とか福島正伸さんとかジェームススキナーとか、ありえないような人とバッタリ、っていうのが。
本当に最高にツイてます。


今朝起きたら修養団で学んだ乾布摩擦をしました。
内臓にもいい日本古来からの健康法です。
大声でやっていたら裕一朗が「裕もやる〜」
なかなか見応えのある息子だ、と思ってゴシゴシやったら
「いたい〜裕やらない〜」
3歳児に乾布摩擦はちと厳しかったっす(笑)

たろう
[PR]
by hinomaru-studio | 2011-02-14 16:03 | ダイアリー